雇用保険料率の改正(令和5年度)

令和5年4月から、労働者負担・事業主負担の保険料率が変更になります。

事業の種類労働者負担事業主負担雇用保険料率
一般の事業6/1,000
(5/1,000)
9.5/1,000
(8.5/1,000)
15.5/1,000
(13.5/1,000)
農林水産・清酒製造の事業7/1,000
(6/1,000)
10.5/1,000
(9/1,000)
17.5/1,000
(15.5/1,000)
清酒製造の事業7/1,000
(6/1,000)
11.5/1,000
(10.5/1,000)
18.5/1,000
(16.5/1,000)
赤字は変更部分またカッコ内は旧保険料率

 これは一般の事業に勤務し給料30万を受け取っている人は1,500円から1,800円に負担が増えること意味します。

過去の雇用保険料率の推移は下表の通りです。

事業の種類令和3年度
4/1~3/31
令和4年度
4/1~9/30
令和4年度
10/1~3/31
令和5年度
4/1~3/31
一般の事業9/1,0009.5/1,00013.5/1,00015.5/1,000
農林水産・
清酒製造の事業
11/1,00011.5/1,00015.5/1,00017.5/1,000
清酒製造の事業12/1,00012.5/1,00016.5/1,00018.5/1,000
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
法改正雇用保険
田中 愼一をフォローする

コメント